医師が転科に成功するための3つの方法

適齢期を見極める

転科を成功させる上で、最も重要なポイントがタイミングです。
研修医を経て、数年間医師として働いていると、「本当にこのままで良いのだろうか?」と疑問を抱く時期が訪れます。
人によりますが、30代になると誰もが一度は考えるようになるでしょう。
もしこのような疑問が出始めたら、転科を考える絶好のタイミングと言えます。

また、40代・50代と医師の経験を重ねるに連れ、独立開業への意識が高まり始めます。
このような時もベストなタイミングであり、更に知識や経験を積むため転科へと踏み切ることも一つの選択です。
年齢を重ねると体力的に仕事を続けることが難しくなります。
そのような時も、負担が少ない診療科への転科を考えるタイミングです。
いずれにせよ、自身の適齢期をしっかり見極め転科しましょう。

今までの経験が活きる診療科を選ぶ

転科すると新しい知識・経験を身につけられますが、未経験の診療科へチャレンジすると、途中で挫折してしまうリスクもあります。
やはり転科を成功させるなら、ある程度過去の経験が活かせる診療科を選ぶことが大切です。例えば内科の経験がある方は、皮膚科が転科の候補先となるでしょう。
皮膚科は内科的疾患の経験を活かせる場面が多いためです。

最終的にどの診療科を選ぶかは人によります。もちろん将来や独立開業などを見据え、未経験の診療科へ挑戦するのも一つの選択肢です。
しかし、転科後に後悔したり失敗しなくない方は、今までの経験を活かせる診療科を選びましょう。

需要や将来性がある科か見極める

診療科の需要や将来性はそれぞれ異なります。
今後の日本は少子高齢化が加速すると考えられており、診療科の需給バランスも様変わりするでしょう。
そのため、将来性を考えた場合は転科先の長期的な需要を見極める必要があります。

例えば高齢化が進むことを見越せば、内科やリハビリテーション科などが転科先の候補に入ります。
一方、安定したニーズを見込める診療科なら皮膚科や眼科、精神科などが候補となるでしょう。
また、将来的に小児科や産婦人科の需要が無くなることはありません。
ただし、少子高齢化によって現在より需要は減ると考えられます。

このように、診療科ごとのニーズは異なります。
現在安定した需要が見込める診療科もありますが、逆に将来的な需要が高まる診療科もあります。
転科先を選ぶ時は、必ず将来性や需要を考えて選びましょう。