転職を考える全ての医師へ。医師の「転科」という選択肢

自分に合った科への転科を考える

転科は今とは違う診療科へ移ることを指しますが、病院の診療科は非常にたくさんあり、細かなものも含めると選択肢は豊富にあります。
仮に現在内科で働いているのであれば、眼科や麻酔科など、別の診療科も候補に入るでしょう。
参考:転科を考えている先生へ

ただし、転科する際に気を付けておきたいのが転科先です。
どのような場合にせよ、自分に適した科を選ばなくてはいけません。
自分のスキルや経験を活かせる診療科を選ぶか、新しい科に挑戦するかは人それぞれですが、自分に適していなければ転科する意味がないのです。
もし検討中の方は、慎重に診療科を選んだほうが良いでしょう。

約1割の医師が転科を経験している

医師の転科は珍しいものではなく、約1割ほどが経験しています。
ほとんどの方は以前と同じ診療科を選んでいますが、自分の経験を活かした転科に挑戦したり、新しいきっかけとして行っている方も多いのです。

確かに転科は不安が残り、必ずしも成功するとは限りません。
一方で常にチャンスがあり、将来的なキャリアアップにも繋がる可能性があります。
知識と経験を積み重ね、更に転科をすることも可能になるでしょう。

転科によってさらなるスキルアップが可能

転科は未経験の分野へチャレンジするきっかけになります。
例えば内科の医師が皮膚科へと転科した場合、皮膚の疾患に関する知識や経験が深まり、臨床経験を積み上げることも不可能ではありません。
スキルアップは医師に欠かせませんが、転科はその大きなチャンスとなるのです。

ただし、自分に合った転科先を選ぶことと、興味がある転科先は一致していなくてはいけません。
いずれかが一致しない場合、転科に失敗するリスクもあるので注意しましょう。